不動産会社との賃貸交渉

賃貸の家賃の交渉術を実践するときにはスピードが肝心だと考えておきましょう。ですから、すぐにでも契約できる状態にしておくことは必要なことなのです。交渉が長引くと成功しないことも多いですから注意が必要です。
なぜ長引くのが悪いのかというと、ほかにも入居を希望する人が現れる可能性があるからです。特に、人気のある地域の物件では長引くのはよくありません。こちらが値下げ交渉をしているときに、もしも値下げせずに借りたいという人が現れたのであれば、大家さんはその人と契約をすることに間違いはありません。値下げを要求する人よりも、要求しない人の方を優先して契約を結ぶのは、大家さんが収益を求めている限りは当然のことだと言えるでしょう。ですから、値下げせずに契約をしたいという人が現れる前に値下げをして契約してしまうことが必要となってきます。そのためには、大家さんが判断しやすいようにするために、こちら側から価格を明示することが必要です。そして、すぐにでも契約できると言うことを伝えておくことも必要です。もちろん、すにでも契約ができるように現金を準備しておくことも必要ですから、必要な資金がどれくらいなのかを把握しておかなければなりませ。



↑ページトップへ戻る