不動産購入ポイント

不動産と言うと、多くの人が思いつくのはマンションや一戸建てと言ったマイホームでしょう。ここではマイホームを購入する際の注意点を挙げたいと思います。まず大事なのが先々のことを考えて買うことです。立地や耐震性などは誰もが考えますが、『10年後、子供が生まれて家族が増えるのか、それとも子供が自立して減るのか?』などの先々そこに住む人数などは考えたことがあるでしょうか?もし家族が増えればそれだけ広さが必要になってきます。そしてそれに伴って考えたほうが良いのが、その物件にどれだけの『自由度』があるかということです。例えば、もし子供が自立して部屋数が不要になった場合、リビングに隣り合った部屋があれば、その壁を取り払って一つのリビングとして使うことができます。もしまた家族が増えた際にはリビングに壁を作れば独立した部屋ができるわけです。でも最も注意したい点は『本当に今が買い時なのか?』見極めるということです。と言っても物価が安いとかローン金利が低い時を見極めるという意味ではありません。ここで言っているのは『自分たちにとって今が本当にマイホームの買い時か?』と言う事です。例えば金利が安いからと言って自分たちに余裕がない状況で買っても、ローンが払い切れなければ意味がありません。それに完済までの長期間、苦しい思いをして払う意味が本当にあるのでしょうか?マイホームは幸せになるために買うものです。そこを見誤らないように注意したいものです。



↑ページトップへ戻る